相続

保険金受取人に、保険金請求権発生当時の相続人となるべき個人が指定されていた場合には、生命保険金請求権は保険契約の効力が発生すると同時に受取人に指定された相続人の固有財産となるため、遺産から離脱し遺産には含まれません。

判例によれば、預金等の金銭債権は、遺産分割を経ずに、相続開始時に法定相続分に従って各相続人に当然に分割されるとされています。
しかし、多くの金融機関では、後日、相続人間の紛争に巻き込まれることを防ぐために、相続人全員が署名押印した払戻請求書や遺産分割協議書等が提出されなければ預金の払戻しには応じていない模様です。

遺産の調査に時間がかかる等の事情により、3か月の期限内に申述ができない場合には、家庭裁判所に対して、期間伸長の申立てを行うことで期間を延長することができます。

相続人間の公平を図るため、相続人の中に遺贈や生前贈与等の財産分与を受けた者がいる場合には、これらを特別受益として、相続分の前渡しとみて相続財産に加算し相続分が計算されます(民法903条)。

被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与をした者がある場合には、相続財産からその者の寄与分を控除して相続分を計算し、当該相続人が相続分と寄与分を受け取ることができます(民法904条の2)。

1

アクセス

小田急・相模鉄道 大和駅前

神奈川県大和市中央 1-1-15
たつみビル3階(地図はこちら

交通

  • 電車でご来所の場合
    大和駅小田急口(南側出口)を出て、1分程です。

  • お車でご来所の場合
    事務所から20m程離れたところに駐車場がございます(タイムズ大和中央)

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大和を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+ 交通費をいただきます)

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします