債務整理_個人再生編

負債総額が5000万円以下の個人の方
任意整理では途中で返済不能となるおそれがある方
継続収入を得る見込みがある方
上記に該当する方で、マイホームを所有しており、マイホームを手放したくない方
任意整理では返済するのが難しいが、資格制限などから個人破産を希望しない方 には、個人再生が向いていると思います。

財産を処分する必要はありません。 →不動産を守ることができます。
法律で定められた最低弁済額まで債務を減額することができます。
破産と異なり、一定の職業に就けなくなる資格制限はありません。
住宅ローン以外の債務を減額して、住宅を維持することができます。

弁済期が3か月に1回以上到来する分割払いの方法により、原則として3年間(困難な場合は5年間)返済を続けることが必要となります。
多くの財産を保有している場合、返済総額が増える可能性があります。 その結果、任意整理の場合の返済額とさして異ならないこともありますので、その点ご留意ください。
小規模個人再生の場合、債権者の一定数の同意が必要となります。 もっとも、実際上多くの場合に同意を得られており、小規模個人再生をおすすめしています。
給与所得者等再生の場合、可処分所得要件が課され、高額所得者や単身者は返済総額が増える可能性があります。→そこで、小規模個人再生を多くの場合おすすめしております。
官報に住所・氏名が掲載されます。
信用情報に登録(5~10年間)され、この間借入れやカードを作成することができなくなります。

小規模個人再生、給与所得者等再生、住宅資金貸付債権に関する特則付き再生があります。

債務総額が5000万円以下であり、継続して収入を得る見込みがある個人が利用できる手続です。

小規模個人再生の場合には、原則、3年間で、ア)法律で定められた最低弁済額※か、イ)保有財産の合計額(清算価値)のいずれか多い方の金額を最低弁済額として分割返済することになります。また、再生計画が認可されるには、債権者の2分の1以上の反対がなく、かつ反対した債権者の債権額の合計が総債権額の2分の1を超えないことが必要です。

債務額500万円以下       100万円
債務額500万円~1500万円  債務額の20%
債務額1500万円~3000万円 300万円
債務額3000万円超       総債務額の10%
が最低弁済額となっております。

小規模個人再生を利用でき、給与等の安定した収入があり、収入の変動幅が小さい方が利用できる手続です。

給与所得者等再生の場合には、ア)最低弁済額とイ)清算価値のほか、ウ)可処分所得(収入から所得税等を控除し、さらに政令で定められた生活費を差し引いた金額)の2年分のうち、いずれか多い金額を最低弁済額として分割返済しなければなりません。

可処分所得の要件があるために、一般的には小規模個人再生よりも給与所得者等再生の方が総返済額が高額となります。

逆に、小規模個人再生で要求されている債権者の多数決要件は不要です。

なお、過去7年以内に免責決定を受けた場合には、給与所得者等再生を利用できません。

住宅ローン債務についてリスケジュールを行って担保権の実行を回避し、住宅を確保するための手続です(但し、住宅ローン債務は免除されません)。

小規模個人再生にも給与所得者等再生にも適用することができます。

債務者個人が所有し、建物床面積の2分の1以上の部分を自己の居住の用に供する建物であること 
住宅の建設、購入、改良等に対する貸付であること
住宅に住宅ローン以外の担保権が存在しないこと
→任意整理などで抵当権を設定してしまうと、住宅ローン条項が使えなくなりますので、ご注意ください。
→住宅ローンの返済を怠ると期限の利益を失って住宅ローン条項を利用できなくなる可能性がありますので、十分注意ください。

裁判所や再生委員への納付金(東京地方裁判所・横浜地方裁判所(本庁、川崎支部、相模原支部)・さいたま地方裁判所(本庁)・千葉地方裁判所(本庁、松戸支部)の場合には15万円)などの実費以外として、弁護士費用18万円、個人再生住宅ローン条項付きは22万円(税別)となります。なお、家族も申し立てる場合には1名について10万円(税別)増額をお願いしております。

1

アクセス

小田急・相模鉄道 大和駅前

神奈川県大和市中央 1-1-15
たつみビル3階(地図はこちら

交通

  • 電車でご来所の場合
    大和駅小田急口(南側出口)を出て、1分程です。

  • お車でご来所の場合
    事務所から20m程離れたところに駐車場がございます(タイムズ大和中央)

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大和を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+ 交通費をいただきます)

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします