住宅資金貸付債権に関する特則の利用要件はどうなっていますか?

債務者個人が所有し、建物床面積の2分の1以上の部分を自己の居住の用に供する建物であること 
住宅の建設、購入、改良等に対する貸付であること
住宅に住宅ローン以外の担保権が存在しないこと
→任意整理などで抵当権を設定してしまうと、住宅ローン条項が使えなくなりますので、ご注意ください。
→住宅ローンの返済を怠ると期限の利益を失って住宅ローン条項を利用できなくなる可能性がありますので、十分注意ください。

アクセス

小田急・相模鉄道 大和駅前

神奈川県大和市中央 1-1-15
たつみビル3階(地図はこちら

交通

  • 電車でご来所の場合
    大和駅小田急口(南側出口)を出て、1分程です。

  • お車でご来所の場合
    事務所から20m程離れたところに駐車場がございます(タイムズ大和中央)

債務整理 無料法律相談

債務整理の相談は必要な限り何度でも無料

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

大和を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+ 交通費をいただきます)

交通事故 無料法律相談

保険会社の言いなりにならない解決、適正な損害賠償額を目指すためにサポートいたします